RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
殉情物語―トンパ文字に秘められた愛の物語
殉情物語―トンパ文字に秘められた愛の物語 (JUGEMレビュー »)
王 超鷹,字坊RED
何よりも辛いのは、「自分はこれをしている」という自負を失っている状態
自分の存在意義をなくして生きていることと、自らの存在意義をかけて死を選んでいくこと、果たしてどちらが幸せなのだろうか? (本文より抜粋)
RECOMMEND
ダライ・ラマ自伝 (文春文庫)
ダライ・ラマ自伝 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ダライラマ
ダライラマ自伝とセブンイヤーズインチベットをぜひ一緒に見てください by野村
RECOMMEND
毛沢東の私生活〈上〉 (文春文庫)
毛沢東の私生活〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
李 志綏
毛沢東、文革、中国
現代中国史を知る上ではとても興味深い本
RECOMMEND
RECOMMEND
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) (JUGEMレビュー »)
パウロ コエーリョ
夢は叶う。自分が求めることを忘れなければ必ず叶う。今の自分に迷ったときにはもう一度読み返してほしい一冊
RECOMMEND
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫) (JUGEMレビュー »)
岡本 太郎
上海に来る前、ある友人から渡された一冊。何度も叱咤激励してくれる岡本太郎さんの言葉は今の僕の人生に大きな影響を与えてくれた。他人と比べることなく自分らしく生きることが学べる一冊
RECOMMEND
感性の起源―ヒトはなぜ苦いものが好きになったか
感性の起源―ヒトはなぜ苦いものが好きになったか (JUGEMレビュー »)
都甲 潔
なぜ大人はコーヒーを飲むのか?コーヒーが持っている酸味や苦味は、本来人間が毒として捉えるもの。大人と子供の味覚の違いなどはとても興味深い本
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

コーヒーマニア別館珈琲研究所

中国-上海-日本2004年中国上海に単身乗り込み電動自転車で始めた珈琲豆の宅配。2006年に『工場』兼『実験室』をコンセプトに自家焙煎アルトコーヒーオープン 4姉兄末っ子・頭の渦3つ みなさんとのご縁に感謝!!
http://shanghai.alt-coffee.com/
<< 恥ずかしくない行動 | main | 上海で4年振りの再会 人との繋がり >>
過去の自分に伝える
0
    過去の自分に伝える


    久し振りにマツダミヒロさんのブログを発見。

    マツダミヒロさんとはご縁で何度かお会いしていて、
    毎回見るたびに成長著しい方で、
    僕の中ではお会いするのが楽しみな方の一人です^^

    そんなマツダミヒロさんのブログを読んでいるときに、
    ふと考えさせられることがありました。


    響くメッセージ


    今僕がやっている仕事の原点が、
    まさにここにありました。

    「誰に何を伝えるのか?」

    それは過去の自分に、
    常に自分へのメッセージ、だと。


    考えても見れば、
    今僕がやっているお店や珈琲教室などは、
    過去の僕が6年間コーヒーに悩み続けたことがきっかけです。

    専門書を読んでもわからない、
    プロに聞いてもわからない、
    考えることに疲れ果てた辛い時期でした。

    コーヒーのことを辞めようと思ったことは、
    一度や2度ではありません。
    珈琲店の支店長をしていても、
    その程度の知識レベルしかありませんでした。

    コーヒーの世界は奥が深いな…
    なんて、わかったような在り来たりな言葉で、
    自分の努力が足りないから、
    センスがないから仕方ないと思い込んでいたんです。


    でも、決してそうではありませんでした。
    単純に、きちんとした技術や知識を持った人間に、
    出会っていないだけだったんです。

    今の自分なら、過去に抱いていた疑問には、
    ほとんど答えてあげられるわけです。

    過去に抱えていた疑問なんて、
    決して難しいものではありませんでしたから。
    学び始めの疑問なんて、そんなものです。


    コーヒーに職人の世界がないとは言いませんが、
    決して職人芸ばかりではありません。

    コーヒーの味の要素は、
    かなりしっかり体系付けられるものであり、
    「こうすればこうなる」という知識、技術があります。

    だからこそ知識、技術は教えていけるものであり、
    継承していけるものなんです。


    なぜそうなるのかには、
    全て原因と結果があります。
    その因果関係がわからないから、悩むわけです。

    本当の意味でコーヒーの「奥深さ」は、
    その因果関係を学んでから、その先にあるものです。
    理屈では説明ができない感覚の世界になるから奥が深いというんです。


    今のコーヒーは、必要以上に
    「難しい」「奥が深い」「職人の世界だ」
    と言われます。

    だからこそ僕は、
    「おいしいコーヒーを作るなんて簡単ですよ」
    と、あなたにも知ってもらいたいわけです。

    傾向を知り、予測をし、実践する。
    コーヒーを知るプロセスは楽しいんです。
    僕なんてそれで人生が変わってしまったわけですから(笑)
    それだけの魅力がコーヒーにはあります。


    なので、
    僕と同じように何年も悩む必要はありません。
    無駄な回り道はしなくていいんです。


    と、悩み続けていた過去の自分に言ってあげたい…。



    人生を変えた珈琲の世界

    上海アルトコーヒーの珈琲豆が日本で購入できるようになりました
    | 言葉と気付き | 10:55 | - | - | - | - |