RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
殉情物語―トンパ文字に秘められた愛の物語
殉情物語―トンパ文字に秘められた愛の物語 (JUGEMレビュー »)
王 超鷹,字坊RED
何よりも辛いのは、「自分はこれをしている」という自負を失っている状態
自分の存在意義をなくして生きていることと、自らの存在意義をかけて死を選んでいくこと、果たしてどちらが幸せなのだろうか? (本文より抜粋)
RECOMMEND
ダライ・ラマ自伝 (文春文庫)
ダライ・ラマ自伝 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
ダライラマ
ダライラマ自伝とセブンイヤーズインチベットをぜひ一緒に見てください by野村
RECOMMEND
毛沢東の私生活〈上〉 (文春文庫)
毛沢東の私生活〈上〉 (文春文庫) (JUGEMレビュー »)
李 志綏
毛沢東、文革、中国
現代中国史を知る上ではとても興味深い本
RECOMMEND
RECOMMEND
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) (JUGEMレビュー »)
パウロ コエーリョ
夢は叶う。自分が求めることを忘れなければ必ず叶う。今の自分に迷ったときにはもう一度読み返してほしい一冊
RECOMMEND
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫) (JUGEMレビュー »)
岡本 太郎
上海に来る前、ある友人から渡された一冊。何度も叱咤激励してくれる岡本太郎さんの言葉は今の僕の人生に大きな影響を与えてくれた。他人と比べることなく自分らしく生きることが学べる一冊
RECOMMEND
感性の起源―ヒトはなぜ苦いものが好きになったか
感性の起源―ヒトはなぜ苦いものが好きになったか (JUGEMレビュー »)
都甲 潔
なぜ大人はコーヒーを飲むのか?コーヒーが持っている酸味や苦味は、本来人間が毒として捉えるもの。大人と子供の味覚の違いなどはとても興味深い本
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

コーヒーマニア別館珈琲研究所

中国-上海-日本2004年中国上海に単身乗り込み電動自転車で始めた珈琲豆の宅配。2006年に『工場』兼『実験室』をコンセプトに自家焙煎アルトコーヒーオープン 4姉兄末っ子・頭の渦3つ みなさんとのご縁に感謝!!
http://shanghai.alt-coffee.com/
<< 感情を生むサービス 連絡一本の大切さ | main | 一本のメールから伝わる感情 >>
オールドビーンズ2005ハワイコナエクストラファンシー
0
    珈琲にもビンテージものはあって、
    それを「オールドビーンズ」なんて呼ぶわけです。
    オールドビーンズは収穫されてから3年以上経っているものを指します。


    アルトでも極少量ですがマニア用として販売していたもので、
    今はもう完売してしまいました。
    まだ感想を送ってくれてない方、
    これを見て思い出しらぜひ教えてください^^



    さて、オールドビーンズに関しては、
    いろいろと自分なりに気になることを、
    実験的に試していました。


    実際、オールドビーンズは本当に良いのか?


    との議論もあるわけです。


    まぁそんな議論はどうでもいいですが、
    実際自分で試してみないことには真相はわかりません。
    誰かが良いといっただけで信じられるほとの純粋さは、
    今の僕には無くなってしまったので(笑)


    結果的にどうだったかと言えば、
    やっぱりオールドビーンズの中には、
    良い物もあったんだろうなと思います。
    ただ枯れてしまったものも少なくなかったでしょうが。

    これの原因には、
    どんな方法で時間経過しているのか(素材の良し悪し)、
    どんな焙煎方法にしたのか(調理方法)、
    どんな淹れ方をされたのか(これも調理方法)、
    が必ず関係してきます。
    この過程を経て、飲める珈琲液ができるわけですからね。

    素材が良くても、調理方法が悪ければ、
    おいしいものもできないのは料理と同じです。



    で、オールドビーンズのこれまでの傾向で考えると、
    どうしても生豆に対して臭いが付いてしまうように思います。
    (これまで8,9個のオールドビーンズでしか試してないですが、、汗)


    この臭いの部分を良しとして、
    焙煎時の排気をどうするのかというのが、
    オールドビーンズを楽しく味わう、
    一つのポイントになるような気がします。


    焙煎時に抜け切れなかった臭いを、
    淹れ方部分でどうカバーするのかも、
    やはり大切になってくるわけですね。
    (臭いを抜くのか残すのかは、どんな味にしたいのかよっても変わります)



    それにしても、
    オールドを作るのに何年も寝かせないといけないので、
    実験を繰り返すこと自体が少なくて、
    きちんとしたデータを取ること自体が難しいですが、
    仕事というより趣味に近いこういう楽しみがあるというのも、
    この仕事の楽しみであります。


    一人悶々と考えるのも結構好き^^




    「上海の珈琲はマズイ…」アルトコーヒーを見つけてくれたあなたにはもうそんなことは言わせません♪

    人生を変えた珈琲の世界




    上海アルトコーヒー日本での珈琲豆販売始りました♪

    上海アルトコーヒーの珈琲豆が日本で購入できるようになりました
    | コーヒーといろいろ | 11:05 | - | - | - | - |